読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukungのブログ

yukungの技術ブログ兼駄文置き場 

今さらながらNode.js入門その1

今まで、自分の近くでは割と使ってたはずなのに個人としては縁がなかったので触れずにいたんだけど、いよいよ必要に駆られたので遅すぎる入門。

世間はなんか Node.js から Golang へっていう流れもある中で、いったん気にしない。

web にたくさん入門記事があるけど、せっかく本買って積ん読してたのでそれベースで学習してこうと思う。

ちょっと使ってる node のバージョンが古い、という問題はあるものの、差分は公式や web で追うとして、とりあえず体系的にやってみる。

せっかくなので連載形式で行こうかと思ってます。続くかなぁ。

注記

以下、個人のメモです。正しい記述を心がけますがいい加減な所もあると思うので悪しからず。間違いの指摘は歓迎です。

目次

  • 開発環境の準備
  • nodebrew のインストール
  • node 本体のインストール
  • Hello, Node.js

開発環境の準備

何はなくとも開発環境を作る。前提となる環境は以下。

  • Mac OS X Mavericks
  • HomeBrew インストール済み

色々ググった所、素直に入れる方法と Node.js そのもののバージョン管理をしてくれるツールを使って入れる方法と2つある。

バージョン管理ツールとしては、

  • nvm
  • nave
  • nodebrew

などがあるみたい。はじめてのNode.js -サーバーサイドJavaScriptでWebアプリを開発する- では nave, nvm が紹介されていたけど、この中では nodebrew がよいらしいので nodebrew をインストールする。

nodebrew を HomeBrew から入れる。

nodebrew のインストール

$ brew install nodebrew

入れた後、~/.bashrc に PATH を通しておく。

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

おもむろにコマンド実行。

$ nodebrew -v
nodebrew 0.7.4

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install a <version> (compile from source)
    nodebrew install-binary <version>     Download and install a <version> (binary file)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall a version
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <version>        Set alias to version
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> specified <version>

Example:
    nodebrew install v0.10.22     Install a specific version number
    nodebrew use v0.10.22         Use a specific version number

入ったようだ。help も表示されたのでざっと見ておく。

node のインストール

参考にしてる本が v0.8.x ベースなので、古いけど v0.8 系で進める。

ソースをコンパイルするのが nodebrew install で、バイナリをダウンロードしてインストールするのが nodebrew install-binary みたいなのでバイナリを選択。

$ nodebrew install-binary v0.8.28
$ nodebrew use v0.8.28
$ node -v
v0.8.28

簡単だなぁ。

Hello, Node.js

node コマンドで REPL が起動する。

おもむろに Hello World してみる。

> console.log('Hello, Node.js');
Hello, Node.js
undefined

気づいたんだけど、関数の補完効くんですね。すばらしす。

今回はこんなところで。